全国へ向けてコーチングとチームビルディング・企業研修をご提供しております

2営業日以内にご返信

コーチングの基礎を受講したことで社内のチーム作りの参考になりました

一部上場企業

課長様(40代/男性)

私が吉岡先生と初めてお会いしたのは2017年でした。
コーチングという言葉は、リーダー研修の中で習った記憶があり、言葉だけは知っていたのですが、いざ先生の研修を受講すると何だか勝手が違います。

受講するというより、研修メンバーの積極性、自主行動が試されているような、先生はそれをサポートするような、そんな進め方とチームメンバーの反応に当初は違和感を感じていました。
そして、研修を進めるうちに、この違和感が、今のチームが抱えている問題に起因していることに気づきました。それ以来、メンバーとのコミュニケーションや、チームについて深く考えるようになりました。

先生にも相談させて頂きましたが、私自身が変化したと思えるのは、チームメンバーに私の想いをぶつけ、話しを出来たことだと思います。
普通なら、年下の部下に悩みを相談するなんて恥ずかしくて出来ないと思われるかもしれません。事実、私も昔はそうでした。リーダーは強くあるべきで、チームを牽引していかねばならないと。
たしかに、チームを束ねるという意味ではリーダーの存在は必要なのかもしれません。
しかし、チームを運営していくのはそのチームメンバー自身です。メンバーがどうなりたいにも寄りますが、私から見た現状を伝え、どうしていくべきかを話しました。
その結果、“チーム”をもう一度考える機会をつくることにしました。

こういった私自身の行動も先生に出会えてコーチングを学んだ成果の一つと考えています。
自身を理解して認め、開示する、また、チームメンバーを信じ、相手の言葉を100%受け入れるといったマインドをベースに、これからも本音で話し合え、お互いに成長しあえるチームを目指したいと思います。

コーチングスキルを活かす機会はいろいろあります。
仕事の場はもちろんですが、家族や友人に対しても有効です。
スキルを利用するという意味では何だか機械的に思えるかもしれませんが、相手の意見を聴き、整理させ、気づきを与え、行動を促すというプロセスは何も仕事だけの話ではありません。
特にお子さんがいらっしゃる方は是非、身につけて活用されることをお勧めします。子供の自発的な行動につながります。私自身も正直、コーチングの効果を一番実感しました。

以上、私の実体験をもとにした感想を書かせて頂きました。
偶然ではありますが、吉岡先生と出会えてコーチングの基礎を学べたことで、人生観が変わりました。