(株)ライブリッジは集客・業績向上コーチングと組織コミュニケーションの企業研修を提供しております

2営業日以内にご返信

チームビルディング研修・次世代リーダー育成コーチング(法人様)

「認められたい」「必要とされたい」から「いてくれてありがとう」に変わる。
そんなチームの創り方を部下に伝えられる管理職・リーダーになります。

これまでの研修で、社員の皆様から打ち明けられた言葉で、一番多かったのが「認められたい。」「必要とされたい。」でした。

人は皆、価値観が違う事は分かっていても、人間関係に悩み、嫌われないために、言いたいことも言わないでいる。それが続くと、自信が持てず、“モチベーションが下がり、主体性が失われていく。”と、いう状態に至ってしまいます。

本当は、「役に立ちたい」と、思ってる方がたくさんいらっしゃいました。もう少し、具体的にお伝えすると「人の役に立っているという実感が持てない。」と、いうお声でした。言い換えれば、“貢献意欲”は、お持ちなのです。

弊社のご提供するチームビルディング研修は、コミュニケーションツールであるコーチングをベースに、この、“貢献意欲”を、持続できるようお互いの存在を認め合い、「チーム意識のあるチームの中で、自分はどんな行動をしているのか」を、引き出し、安心して発揮できるように取り組んでいきます。

実際に、研修を実施して見られる変化の一つに、組織に潜んでいた問題が顕在化する場合があります。
コミュニケーションが円滑に機能し、本音が話せるようになると、自分達の問題であることを認め、自分たちで解決しようと向き合う姿勢が見られます。 他責から当事者であるという自覚に変わる瞬間です。

時に、個人プレーで自分の仕事が捌ける人からは、「チームでいる必要ある?」と、いう発言も耳にします。
しかし「チームである必要はない。自分は変わる必要はない。」と、言いながらも、自身が、“成長すること”に、否定的な人はいません。

在職年数が長くなるほど、自分がさらに成長するために必要とする知恵や知識は、チームだからこそ、「仕事は一人ではできない。」貴重な経験を通して、初めて手に入れられるものがあります。そのために、自分自身がチームの一員であるという意識と、メンバー同士、お互いの存在を尊重し合う姿勢が必要である、ことに気付かされます。

気付いた時に、「いてくれてありがとう。」と、仲間同士、言えたら最高ですね。

仲間から「認められたい。」「必要とされたい。」「頼られたい。」と、思うからこそ 「この人に自分のことを話したい。」「この人の話しなら聴きたい。」と、思ってもらえる、“この人(自分)”に、なるための研鑽を積み重ねて行けるようになります。

社員の皆様が、自分と仲間の可能性を信じ、自信を持ってチームビルディングに取り組めるよう全力で務めさせていただきます。