全国へ向けてコーチングとチームビルディング・企業研修をご提供しております

2営業日以内にご返信

手放して得たもの|自分と対話する楽しさ

2022.01.13

ブログ

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

今回もご覧くださりありがとうございます。

2022年最初のブログは、私が数年かけてやってきたことについて書くことにしました。

何をしてきたか…。 それは断捨離です!

2017年に事務所の引っ越しをしたことをきっかけに、不要なものを処分するとこんなに気持ちが良いのか!と気づき、それ以来、掃除や片付けが趣味の一つになりました。

特にここ数年、断捨離やミニマリストに関しての記事や動画も目にしていたので、なんとなく興味もありました。

衣類に靴、キッチン用品や小物、家具、そして本に資料。もう、本当によくこれだけあるなぁ。と(笑)

断捨離後に起きた変化というと

・掃除が好きになり、こまめに動くようになった。

・化粧品や調味料など最後まで使い切るようになった。

・本当に必要な、自分に合ったものを選ぶようになった。

・持ち物の数は減ったけど、今あるものに愛着が湧くようになった。

・「ものを探す」ことがなくなった。

・自炊が楽しくなり、外食が減った。

・結果、ムダな買い物をしなくなった。

私個人としては、生活の効率化ができたように感じます。

全てのもの一つ一つと対話をしながら、「これからもよろしく」「おつかれさまでした」「ありがとう」と、向き合うのも楽しかったです。

そして最後に私が対話したのは、自分の体調でした。

断捨離を行い、食生活にも変化が起こったのをきっかけに、ある悩みとさよならすることができました。

その悩みとは、「お腹が弱い」という事でした。

というか、どうやら本当は弱いわけではなかったのだと気づいたのです。

なぜか私は、朝ご飯を食べた後からお腹の調子が悪くなることが多く、通学や通勤途中も脂汗かきながらしんどい思いをすることがありました。

昨年の11月、もうお腹が痛くて痛くて、本当に救急車を呼ぼうかと思ったぐらいひどい腹痛で、こりゃおかしい。と…。

そんな時、ふと、ある動画で見た内容が頭に浮かびました。

グルテンです。

朝食にパンを食べていたのですが、朝食をごはんや果物に変えました。

変えてから、その11月の腹痛を最後に、今日まで全くお腹痛くなっていないんです。

朝のパン食がどうやら合わないようでした。

よく「腸が変わると人生が変わる」と聞きます。私にとっては、これは本当のことだと思いました。

朝食の内容を変えたことで、さらに食生活に変化が出て、間食をしなくなりました。

・おかげで体が軽くなりました!

・1着だけ、着るとパツパツだった洋服。どうしてもこれだけ捨てることができずに置いていたのですが、普通に着られるようになりました!

 

私にとっての断捨離は、特に「これ!」という、ゴールを決めて始めたことではないですが、考えもつかなかったことがたくさん手に入った出来事でした。

4年かけて行った自分自身の断捨離。

人・物・金・状況・環境。これらすべて個人レベルであれば、自分で見直すことができます。

 

2022年。良いスタートが切れました!

自分のマネージャーはご自身です。じっくり向き合ってみませんか? 

後押しが必要な時は、お手伝いします。コーチングも、是非活用してください!

 

本日もお読み下さりありがとうございます。

コーチ 吉岡久美子